松果体の石灰化を食い止めろ!~食品化合物の都市伝説~

都市伝説

現代では合理化・効率化を推し進めるがゆえ
人は思考能力が欠如している。
 
何かとIT技術の発展・趣味の細分化により
多種多様な現代人は趣向を手に入れた。
 
それに伴い現代病とも呼ばれる鬱であったり
精神疾患を伴う患者の増加も決して無関係とは
言えないだろう。

精神疾患の推移

厚生労働省「患者調査」より

 厚生省が統計を出している通り右肩上がりである。
 ある脳の組織の石灰化が原因ではないかと
 まことしやかにささやかれている

松果体の話


脳にある松果体は小さな分泌器官である。
松ボックリを小さくしたような形で
光を受けてメラトニンを生成し概日リズムを整える。
 
この松果体はケイ素の塊である。
いわば水晶のような物質である。
 
人体にこのような鉱物のようなものが
内分泌器として作用しているのは
想像が追いつかないがこの器官は
第3の目と関連性がある。
 
松果体は眉間の延長線上の脳内中核に位置する。


  
この場所は第3チャクラと呼ばれ
体に存在するエネルギーの出入り口とされている。
 
チャクラとは極めて東洋精神的な考え方であり
人間の正中線上に7つ存在している。
 
現代社会では電気等の光源を操り
昼夜を問わない生活も可能となっている。
その為、現代人の松果体は
眠れる組織となってしまっている。
  
昨今はこの松果体が石灰化したが故に
生活リズムが乱れ鬱の原因となったという見解もある。

松果体を石灰化させる要因とは?

 

 

添加物や塩素・フッ素化合物・・・
 
これらは公共インフラである水道水
口にする加工食品など含まれている。
 
現代は毒物と共存している社会である。
通常何の気もなしに摂取しているのだ。
長年体内に蓄積された毒物が
この松果体を石灰化させるのだ。
 

松果体が作用すると?

松果体が正常な働きをすると現代病と呼ばれる
鬱や不眠症を防ぐことができる。
 
また一説によれば本来動物である人間は直感が鋭く、
他人の気持ちを感じること
未来の出来事の予知すら珍しいことではなかった。
 
いわば第6感とも呼べる能力を
目覚めさせることも可能だと・・・
 
しかし前述の現代病を引き起こす要因ともなれば
正常な思考能力や判断能力が失われることにも
なりかねないだろう。
 
あなたが務めている会社ではいないだろうか?
 
ロボットのような感情がない人を・・・
 
少子化や人員削減が促されている世の中
AIやシステム化により必要性がなくなる。
 

松果体を作用させる為に必要なこと

近代は合理的な考えが発達するとともに
松果体は著しく小さくなった。
数百年前までは3ミリほどあったものが
数ミリ程度だという。 

人間も本来自然の中で生活した動物である。
 
アルファルトや高層建造物に囲まれた環境
長年の食事により蓄積された化学物質が
動物としての機能を損なっている。 

裸足で土に触れることも
森林の中に身を置くこともなくなり
本来の動物としての感覚が衰えている
とも言われているのだ。
 
是非今一度松果体の石灰化を防ぐ為に
休日には自然の中に身を置き
普段から摂取している食べ物に
注意を払って見てはどうだろうか?


コメント

タイトルとURLをコピーしました