お稲荷さんの契約と違反~美棒さんの怪談~

不思議なお話~神社・お寺・怪談etc~

皆様お稲荷様へのお願い事をされた経験はありますでしょうか?
今回はお稲荷様へ願い事をする際の契約についての話をご紹介したいと思います

お稲荷さんとの契約

ある男性玉ノ井さん(仮名)は仙台市にお住まいなんですが
東京の方でも仕事がありよく上京していらっしゃいました。

ある日仙台湾に行ってお仕事をする予定だったんですが
仙台湾へ行く際に寝てもいないのにお稲荷さんが出てきてものすごい形相して
「お前が行くところではない!」と何回も警告されました。

夢じゃなく何度も「お前が行くところではない」っていうのことを
すごい怖い顔して言うんです。
あんまり何度も言われるんで奥さんに
「目の前にお稲荷さんが出てきて 仙台湾に行くなって言うんだよ」 と相談し
「それじゃあ、今日は行くのやめたら?」とアドバイスを受けたので
当日はその場所にいかず別件で仙台市の若林区へ赴きました。

くしくもその日はあの3月11日だったそうで湾から離れた若林区にいても
津波に巻き込まれました。
必死に逃げている最中にさっき出てきたお稲荷さんにお願いししました。

「お稲荷様が奉納されている神社を100か所お参りしますので助けてください!!」
とお祈りしながら逃げ仰せて
なんとか命からがら助かりました。

おそらく仙台湾へ行っていたらまず助からなかっただろう・・・
一度目は警告して実際に津波が直撃していた仙台湾へ行くことを止めてもらい
二度目は津波から命を助けてくれた。
彼はお稲荷さんに感謝し、津波から救ってくれた際の約束であった
お稲荷さん参りを開始しました。

宮城県だけで大小さまざまなお稲荷さんが祀られている神社を訪れ
お賽銭を入れてのお参りしました100か所ほどに達していました。

あと東京の方にもお仕事でいらっしゃるので稲荷神社っていう名のつく神社であったり
商店街の片隅にあるお稲荷さんも参拝したそうです。

ある東京の有名な神社に行った時に参拝したときに
「あれからもうあの稲荷神社200箇所ぐらいは挨拶してます。
 なんで一度お顔を拝見させてくださいませんでしょうか?」
とお願いをしながらお参りしました。
そして最後に本殿に向かって写真を撮影したときに
なんと狐のシルエットが写っていました。

通常本殿に向かって撮ってるので普通は本殿が写るのですが
バックが完全にモノクロで狐の横顔・耳がたくさん見えており
グラデーションで狐がたくさんいるみたいに見える写真が撮れました。

不思議に思いながら他の大田区の方の神社に行った時にも
なんとなしに「今お近くにいらっしゃいますでしょうか」って言って
シャッターを押すととやっぱり同じ様な写真が撮れたそうです。

その時は何気に不思議なものが撮れるなぁくらいに思っていたそうです。

そういった写真が撮れたあとも継続してお稲荷さんをお参りしていました。

ある日仕事をしに東京へ赴いていた際に
稲荷神社へお参りした時に、60歳ぐらいの女性の方が出てき
玉ノ井さんのことジーっと見ていたそうです。
なにかなんかと思ったら
「ちょっとこっち来てもらえませんか」って 社務所の方に呼ばれ入ったら
神社の名前の入った文房具などを渡されて
「お金はいいから持ってってください」って言われました。
なぜか意味が分からないので
「どうしてですか?」って聞くと
「あなたお稲荷さんによくご挨拶に行きますよね」って言われました。

自分としてはもうすでに200か所ほどお参りしているので
「よく行きます」と答えたところ
その女性の方が言うには
「あなたに宮城のお稲荷さんがいっぱいくっついてきてますよ」と仰られたそうです。
東京見物をしたくて宮城のお酒を手土産にたくさん付いてきているらしいです。
だから浅草の神社の雷おこしであるとかお菓子とかそれを持って帰ってくださいとのことでした。

お稲荷さんはご利益を見える形ではっきりと出してくれるそうですが、
その代わり与えてくれた以上のものを返さないと危険だとも云われています。

お稲荷さんと契約違反をしたらどうなるかって話も聞いたのでその話をご紹介します。

お稲荷さんとの契約違反

先ほどの玉ノ井さんにお聞きした話で今から15年ぐらい前
会社の上司の方とよくにお付き合いで宝くじ購入していました。
購入してるといっても小額で少し買って
当たったら二人でお酒を飲みに行くみたいなことをして楽しんでいたそうです。

ある支店に行ったとき、そこの課長さんと話をしてたら
同じ様に「趣味で宝くじを買うんだ」という話になったそうです。
趣味が合うことからたまに支店へ行ったときにその話をするようになりました。

そういったことを続けているうちに課長さんが
先日地元のあるお稲荷さんに行って「宝くじが当たるようにお願いしてきた。
だから今日のクジは絶対当たってるはずだ」と言っていました。

後日「どうでした」って言ったら全然外れてた話をして
上司とお稲荷さんとかお願いするんじゃなくて
そういうのはアテにしないで楽しんで
個人的にやればいいじゃないですか?と言って諭しました。

ところがある日その課長にあった時に玉ノ井さんを見つけるや否や
「お稲荷さんにお願いをして高額宝くじがあたった!」と言ってきました。

その時の話がある神社のお稲荷さんに行ったら狐の耳が欠けていた像があったそうで
「宝くじが当たったらこの耳を治しますから」とお願いしたそう。

「じゃあお礼に耳直さないといけないですね」って話をしましたが

石造の修繕費用が高いから「やめたよ」「大丈夫ですかねぇ」
「大丈夫ですかねぇ」 と言ったのですが気にも留めない様子でした。
「当たった本人が言うからにはどうしようもないなぁ」と・・・

しかしその後業務の都合上支店に行く機会が減っていき
半年後に久しぶりに赴いたときにはその課長は支店から消えていました。

別支店へ移動されたそうです。

玉ノ井さんは「あの課長いなくなっちゃったけどどうしたの」って聞くと
実は新しく入った女性社員がいるんだけどその人とダブル不倫になり
更には相手の旦那さんから訴えられ慰謝料も取られ
自分の奥さんにも発覚して宝くじが購入したものなどすべてなくなり
離婚したそうです。故にその支店から移動させられたとのことでした。

もっと怖い話がその浮気した相手の女の人っていうのが実家がお稲荷さんの神社なんだそうです。
それも狐の耳が欠けていた像があった神社の・・・

最後に

お稲荷さんへ願い事は契約を交わし返すものを返さないと叶った願い以上のものを奪われる
そういった内容でした。

願いの叶え方も少し荒っぽい神様であることも一部では知られています。
ある話で「10万円ほしい」とお稲荷さんへお願いしたとすると
後日親類がケガをして保険で10万円手に入ったとか・・・
※お稲荷さんからすれば叶えてやったじゃないかということです。

ですので稲荷神社での願い事をする際には気を付けたほうがいいかもしれませんね。

以上長編でしたがご拝読いただきありがとうございました🎵

コメント

タイトルとURLをコピーしました